• LINEで質問する
  • 初めての方へ
  • 不動産管理見積もり

一人暮らしで人気!バス・トイレ別物件の魅力とは?

バス・トイレ別

こんにちは、ジーワンシステムです。
一人暮らしの部屋探しでこだわりの条件にいつも上位にあるのが、「バス・トイレ別」の物件です
バス・トイレ別物件は便利で魅力がありますが、家賃は高い傾向にあり、掃除の手間がかかったりもします。
自分のライフスタイルにあった条件を優先し、住んでから後悔しないようにしましょう。
メリット・デメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

バス・トイレ別物件のメリット・デメリット

メリット

ゆったり使える浴室

浴槽にお湯を張ってゆったりとバスタイムを叶えるのが一番のメリットです。
バス・トイレ一体型のユニットバスだと、浴槽で体や頭を洗わなければならないので、お湯を張れません。
毎日シャワーだけでいいという生活スタイルなら問題ありませんが、疲れた日や寒い冬などはゆったりと湯船に浸かりたいですよね。

 

収納スペースがある

シャンプーリンス、石鹸、などお風呂で使う道具が収納できるスペースを確保できます。
置き場所に困らないのも魅力の一つです。

 

来客時もお風呂やトイレを使いやすい

自分がお風呂に入っていたとしても、トイレは別のエリアにあるので、来客時も気にせずお風呂やトイレが使えます。
また入浴してからしばらくは湿気がこもってしまうので、ストレスなくトイレの使用もできるでしょう。

 

デメリット

家賃を比べると割高

施工費用が高いため、どうしてもバス・トイレ一体型の物件に比べて家賃が割高になってしまいます。家賃は毎月かかるのもなので、払えるかどうか確認が必要でしょう。

 

バス・トイレ以外のスペースが狭くなる

バスとトイレを別々の場所に確保しているため、部屋のスペースが狭くなります。広く使いたいエリアが、お風呂なのか、キッチンなのか、居室なのか、自分の理想の生活スタイルを考えてみましょう。

 

掃除の手間が増える

掃除をする範囲が増えるので、手間もその分かかってしまいます。3点ユニットバスなら、バス・トイレまとめてスムーズに掃除できます。
掃除に手間をかけたくない方は、バス・トイレ別はデメリットに感じるかもしれません。

 

住んでから後悔しないためのポイント

バス・トイレ別の物件に住む想像をして、以下のライフスタイルに自分が当てはまるか、自分にあっているのか確認してみましょう。

  • 湯船にお風呂を張ってゆっくりと浸かりたいか
  • 毎月の家賃が払えるか
  • 同棲や来客時の生活動線を想像できているか
  • 掃除に時間と手間をかけられるか

 

理想の物件探します

日々の生活の中で、自分にあった使いやすい部屋が一番オススメです。
バス・トイレ別の使いやすさを重視したい方、3点式ユニットバスでも十分使い勝手がよいし家賃重視の方など、自分の生活スタイルにあった快適なお部屋をお探しします。
ジーワンシステムへお気軽にお問い合わせください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30