• LINEで質問する
  • 初めての方へ
  • 不動産管理見積もり

自主管理が忙しいオーナー様へ!管理会社に委託できる業務とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、ジーワンシステムです。
賃貸住宅のオーナー様の中にはこのような方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • ・いくつも物件を所有している
  • ・賃貸経営以外のお仕事と兼業している
  • ・本業のお仕事が軌道に乗ってきて忙しい
  • ・不動産業に手が回りづらくなってきた

意外と多いオーナー業務に「管理会社に任せたい…!」と思われたこともあるのでは。
今回はオーナー業務の中で管理会社に委託できる業務についてお話しします。
管理会社に任せるか悩んでいらっしゃる方はぜひ、最後までお読みください。

 

管理会社に委託できる業務は?

管理会社は賃貸管理業務を多岐にわたって請け負っており、基本的にはほぼすべてのオーナー業務を代行できます。主な業務内容は大きく3つです。

 

入居者の管理

入居者の管理にあたる業務には、たとえば下記のようなものがあります。

  • ・入居者募集
  • ・家賃の集金
  • ・契約更新
  • ・クレーム対
  • ・入退去

近年は不動産屋さんに行って家を探すというよりも、Web上でまず下調べをしてから来店するケースが多いです。
Web上の宣伝を充実させることが大切ですが、個人でWebでの広告を打ち出すことはなかなかハードルの高いことだと思います。
そこでWebのノウハウや営業力のある管理会社は強い味方となるでしょう。

また、クレーム対応も入居者管理に入ります。
入居者から他の入居者や建物や設備に関するだけでなく入居者や近隣の人に対して受けることも。
クレームはできる限り早く対処することが大きなトラブルにならないコツです。
個人ですとなかなかすぐに対応できなかったり、対応に困ることもあると思います。
そんなときに管理会社に委託していると、クレーム対応のノウハウもありますのでスムーズに対処してくれます。

 

物件の管理

共用部分の清掃

駐車場や駐輪場、階段や通路、庭、エレベーターなど共用の部分をキレイに保たなければなりません。
共用部分が汚いと入居者様もなかなかみつからないでしょう。
定期的に掃除をする必要がありますが、本業と兼業であるとなかなか時間が取れないですよね。
管理会社の中には、自社の清掃会社を持っている会社もあります。

 

設備の故障や不具合への対処

キッチン、洗面台、水道、トイレ、エアコンなど元からついている設備に関しては、オーナー様の所有物となります。
故障や不具合が生じた場合はオーナー様が自ら対処する必要がありますが、緊急時に対応できないなんてことも起こりうるのです。
管理会社に委託している場合、一定の金額以内の故障や不具合が生じれば管理会社に連絡があり、修繕まで対応してくれるため入居者様も安心です。
大きな故障だったりして金額が一定以上の修繕や交換などの必要があった場合には、管理会社からオーナー様へ連絡があります。
管理会社によって金額もことなりますので、必ず契約内容を確認しておきましょう。

 

外観のメンテナンス

壁や屋根など建物の外観についても定期的なメンテナンスが必要になりますが、良いタイミングが分からない場合もありますよね。
管理会社に委託している場合には、メンテナンスが必要な場所や時期など提案してくれます
管理会社の担当者と現地を訪れ、メンテナンスを行うかどうかの判断やどの程度の規模になるかを相談して決めることができます。
メンテナンスを依頼する業者にあてがない場合、管理会社が下請業者を抱えていることもありますので、任せてしまう方が手間取らないでしょう。

 

お金の管理

基本的にお金の管理はオーナー様がするものですが、家賃の回収に関しては管理会社に委託することができます。
家賃の滞納はオーナー様の収入直結しますので、避けたいですよね。
個人で管理されている場合には、ご自身で家賃の回収、確認作業、未収や滞納に対する督促などとても大変です。
管理会社に委託すると管理手数料がかかりますが、管理会社によっては家賃の滞納保証などもしてくれるため、滞納によるストレスもなくなりますね。

 

管理会社を選ぶときの3つのポイント

オーナー様にとって管理会社を選ぶということは、入居者のみなさんが物件を選ぶことと同様に重要なことです。
管理会社はオーナー様のパートナーですので、信頼できる管理会社を選びましょう

 

ポイント1:管理業務をすべて任せられるか

不動産の管理業務は、前半にお話しした通り多岐にわたります。
管理会社内で各業務のノウハウや入居者情報などの共有がしっかりとされている場合には、入居者からの問い合わせがあった際に担当者いなくても他の社員が対応できます。
そのように連携プレーが素晴らしい管理会社であれば、オーナー様は安心して業務を任せることができるでしょう。

 

ポイント2:トラブル対応へのノウハウがあるか

やはりトラブル対応へのノウハウがあることは重要ポイントです。トラブルが起こると退去者が増え、空室の原因となってしまいます。
担当者が不在の場合でも他の社員がすぐさま対応できる体制が整っている管理会社を選びましょう。

 

ポイント3:担当者との相性が良いか

オーナー様とやり取りを行うのは、管理会社の窓口となる担当者です。
人としての相性はもちろんのこと、基本的な業務の対応ができるかや連絡頻度やレスポンスの早さなどは確認しておいた方が良いでしょう。
管理会社自体の評判が良くても、実際に担当する人の対応が悪ければパートナーとして協力しにくいですよね。
しっかりと信頼関係を築けるかは重要なポイントになります。

 

賃貸管理に悩んでいるならジーワンシステムにご相談

今回は業務を管理会社に任せるか悩んでいるオーナー様へ、管理会社に任せられる業務についてお話ししました。
弊社は担当者一人ひとりが責任を持ってオーナー様とお付き合いさせていただいております。
管理業務でお悩みがありましたらぜひ相談ください。お問い合わせお待ちしております。

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031