• LINEで質問する
  • 初めての方へ

投資用マンションは管理会社へ!マンション管理を委託するメリットは?

不動産投資は物件を購入して終わりではありません。安定した家賃収入を得るためには「その部屋に住む入居者に快適な住環境を提供する」「退去者が出たらすぐに次の入居者を見つける」といった取り組みが必要不可欠です。

しかし、これら全てを自分で行おうとすると多くの時間と手間がかかります。そこで大切なのが、マンション管理をプロに任せることです。

今回は投資用マンションを管理会社に任せるべき理由や管理会社が実際にどんなことをしてくれるのかについて解説します。

不動産投資に管理は必要?

不動産投資を成功させるには、投資用マンションの資産価値を維持する必要があります。そして資産価値の維持には、物件を購入してからもしっかりと管理をすることが大切です。

ここで必要になってくる管理の内容は、具体的に以下の通りです。

・入居者の募集、契約更新
・家賃の集金
・クレーム対応
・建物の清掃
・共用部分の設備の保守点検
・長期修繕計画の策定

これらはどれも入居者が快適に生活するために必要不可欠なことで、物件を長期的に優良な資産にすることにも繋がってきます。

管理は自分で行うこともできますが、賃貸や物件の管理業務を専門的に行っている不動産管理会社に委託することも可能です。

 

投資用マンションの管理を管理会社に委託するメリット

一般的にマンションの管理をオーナー様自身が行った場合は手数料等はかかりませんが、管理会社に委託した場合は家賃収入の3〜5%ほどの手数料が発生します。ならば委託せずに自主管理をしたほうがいいのではないかを感じる方もいるかもしれません。

しかし、すべての管理業務を自分でこなそうとすると膨大な時間と手間がかかります。お金がかからないとはいえ、労力を考えるとコストパフォーマンスがいいとは言えないでしょう。

ここからは投資用マンションの管理を管理会社に委託した際のメリットを詳しくみていきます。

時間ができ本業に集中できる

管理会社に管理を委託した際のメリットとして大きいのが、マンション管理に手間がかからず本業に集中できることです。

入居者からの問い合わせに対応したり清掃の手配をするのは労力を使いますが、こうした対応を管理会社に委託すると自分は仕事に集中できます。特に会社員や自営業で別の仕事をしているという方にはおすすめです。

空室対策でリスクを軽減できる

不動産投資の中でも大きな課題が空室対策です。空室ができる場合、次の入居者を募集するには資料作成や情報公開、紹介、内覧の対応などさまざまなステップがあり、これを素人がひとりで行うには知識や経験が必要になります。

一方で管理会社に任せた場合、管理会社はプロとして培ってきたノウハウがあるのでスムーズに作業を進めてくれます。入居者募集をひとりで行うよりも空室が続くリスクを軽減できるでしょう。

入居者への対応がスムーズ

入居者からの物件に関するトラブルやクレームには迅速に対応する必要があります。

問い合わせの内容は騒音や近隣トラブル、鍵の紛失などさまざまで、いつ発生するかは予測がつきません。マンション管理を自分で行っている場合はこうしたお問い合わせに24時間365日構えている必要がありますが、管理会社に委託することで代わりに対応してもらえます。

また、管理会社はトラブルやクレーム対応に関しても知識と経験があるので、対応から解決までがスムーズです。

 

管理会社の役割とは?

管理会社が行う業務には大きく分けて入居者の管理建物の管理があります。

入居者の管理

まず、入居者の管理の主な内容は以下の通りです。

・入居者の募集
・契約の更新・解約の対応
・家賃の集金
・家賃滞納時の催促
・トラブル・クレーム対応
・退去時の立ち会い

建物の管理

建物の管理の主な内容は下記の通りです。

・共用部分の日常清掃
・資産価値維持のための定期清掃
・共用部分の設備保守点検
・長期修繕計画の策定

管理会社には必要な管理業務を全て委託する方式と、一部を委託し残りを自分で行う方式があります。

管理会社がどのような管理業務をしてくれるのかを確認し、必要かそうでないかを見極めて委託をしましょう。

 

管理会社を活用して効率よく不動産投資を!

不動産投資を効率よく続けていくために、マンションの管理は重要です。

投資用マンションの資産価値維持と安定した家賃収入の確保のために、管理会社を有効活用していきましょう!