• LINEで質問する
  • 初めての方へ

老後のご計画に不動産投資はいかがでしょうか?

不動産投資

こんにちは、ジーワンシステムです。 
少子高齢化がどんどん進み大きな問題となっている現在です。
年金を数少ない若年層が支えなくてはいけない状態になっており、老後は年金だけで生活できるのか不安な日々を過ごさなければいけません。
そこで、不動産投資をうまく活用し、今から資産を形成し、安心した老後を手にいれましょう!

 

なぜ老後が不安なのか

老後を不安に思っている人はとても多いです。
社会の状態がさまざまな理由で影響を与えている可能性があります。

若年層の人口の減少

もっとも大きな理由でしょう。
背景には婚姻率の低下があり、それに伴いこどもの出産件数が減ってきています。
そのため若年層がどんどん減り、将来は今よりさらに人口が少なくなってしまうでしょう。
人口が減ることで年金額の減少につながっていきます。

物価が上昇

収入は上がらないのに、物価だけがどんどん上昇しています。
物価だけではなく、最近では電気やガスなどの光熱費も値上がりしています。
今後も上昇し続けると、老後の生活が苦しくなるのは明らかです。

医療費の負担

若い頃は病院などほとんど行かないものですが、高齢者になると病院へ行く回数が増えてきます。
医療費の出費が生活の負担となり、楽しい老後を満喫できない可能性があります。

介護の問題

長生きするほど人の手を借りなければ生活できなくなります。
その結果、ヘルパーを雇い、ヘルパーへ払う出費が負担となります。
もしヘルパーへ払うお金がないという方は、身内や自分のこどもに面倒を見てもらわなくてはいけなくなり、家族に大変負担がかかります。

家族に負担をかけないためにも、不動産投資で対策したいですね!

 

不動産投資とは

マンションやアパートを購入して、住居者に貸すことで家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上昇したときに売却し、利益を得る手法です。
最近は20代からはじめる人が増えてきています。

マンションの1室を購入して毎月家賃収入を得る、ワンルーム投資。
アパートなど、一棟ごと購入して毎月家賃収入を得る、一棟買い投資。
などがあります。

不動産投資は、地方の物件を運用するより、東京圏で将来性のある物件を運用する傾向があります。
物件の売却利益より家賃収入を得て運用する投資が人気です

 

老後のために今のうちに対策を

働いて収入がある今のうちに不動産投資を行えば、老後のために資金を貯めることができるでしょう。
老後、働けなくなって収入がなくなったときでも、毎月家賃収入が入ってきて生活費を補えるので、自分の生活を支えられます。
毎月定期的に入ってくる年金のような役割になるでしょう!
さらに不動産が自分の資産になるので、家族やこどもたちに財産を残せることができるのが最大の魅力的です。

 

ご相談ください

快適な老後生活をおくるために、うまく不動産投資を運用したいですね。

不動産投資を失敗しないためにも、不動産投資は人生の早いうちからすることでリスクがおさえられます。

初めて不動産投資をおこなう初心者の方では難しいこともたくさんありますので、ご相談ください。
ジーワンシステムでは、マンション管理もおこなっておりますので、是非わたしたちにおまかせください!