• LINEで質問する
  • 初めての方へ

投資マンションのリノベーション「ワークスペース」設置が人気です

こんにちは、ジーワンシステムです。
リモートワークが終わって出社になった方、リモートワークが続いている方、今後も週何日かはリモートワークになったという方もちらほら耳にします。
今日は最近人気の「ワークスペース」のリノベーションについて考えてみます。

 

リモートワーク時のワークスペースの必要性

投資マンションのリフォーム


コロナ渦でのリモートワークの拡大で、自宅での仕事や作業に集中できるスペースを確保する必要性が再認識されています。
とくにお子様がいるご家庭では、仕事環境の確保に皆さま苦労されているようです。

現在のマンションの間取りの流行は、スペースを細かく区切らない広々1LDKなどが人気ですが、それが更にワークスペースの確保を難しくしています。
ちょうどワークスペースに使えるような3~4.5帖程の個室が無いのです。

リビングで仕事をしている方もいらっしゃいますが、リモート会議やお客様とのオンラインでのやり取りの場合は、まわりの音がとても気になります。
集中して仕事をしたいのに、子供の声が気になる、家事の音が気になる、家族が家に人を呼べないなど、お互いストレスが溜まり、家族がギクシャクする原因になってしまう場合もあります。
ワークスペースにこもれば仕事に集中でき、生活音も気にならなくなります。
自宅のワークスペースの需要は増加しづづけているのです。

 

コロナ渦が終わってもリモートワークは無くならないかもしれません

日本は今までリモートワークについては、あまり普及していない現状がありました。コロナ渦での政府からのリモートワークの要請を受け、やっと本格的に取り組み出した企業も多いでしょう。
ところが、実際に取り入れてみると、リモートワークにメリットを感じている企業も少なくありません。

特にコスト面でのメリットが大きく、オフィスの賃料削減、オフィスの光熱費削減、社員の交通費削減。
大企業ほどコスト削減効果は大きく、全員が一同に出社しない前提で、小さ目のオフィスに借りなおす企業や、本社ごと引っ越す企業も出て来ています。
そういった点をふまえると、コロナ渦が終わってもリモートワークは完全には無くならないかもしれません。

 

時代に合ったリノベーションで差別化を図る!!

ワークスペースの設置と言っても、元々の部屋割りを使える場合もあります。
ちょうど手ごろな間取りやデッドスペースがある場合はそこをワークスペースとして考えればいいですね。

広い1LDKなどの場合も、簡易的に区切ったり、間仕切りを設置して区切れる仕様にするだけで、くつろげるリビング集中できるワークスペースを作ることができます。

 

ワークスペースが不要になった場合の便利な使い方

もしワークスペースが不要になってしまっても、集中できる空間を再利用して、書斎やゲーム部屋、お子様がいるご家庭ではオンライン授業、学習スペースなど。目隠しができるスペースとして、家族の洗濯物がまとめられるリネン室など。
変化するさまざまな生活スタイルにうまく活用できます。

 

賢くリノベーションして、資産価値をあげましょう。

マンション投資は利回りをよく検討しなければいけません。
物件取得やリノベーションにコストをかけすぎると、入居率は上がりますが、利回りは悪くなります。
今のトレンドにあわせて賢くリノベーションしましょう!
リモートワークをきっかけに住みやすい部屋へ引っ越しを検討する人も増えているようです!

投資用に中古マンションの購入、リノベーションなどをご検討中の方はプロの意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

ジーワンシステムでは、投資マンションの販売の他、リノベーションのご相談も可能です。
その後のマンション管理もあわせて何でもご相談ください。