• LINEで質問する
  • 初めての方へ

マンションと戸建てはどちらを買うべき?2つのメリット・デメリットを紹介

住まいを購入しようと考えたとき、戸建てマンションのどちらにするか悩む方も多いのではないでしょうか。
一戸建てとマンションにはそれぞれに異なる特徴がありますので、家族構成やライフスタイル、また住む地域によってどちらが良いのかは変わってきます。
今回は一戸建てとマンションのどちらにするか考えている方向けに、この2つのメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

マンションを購入するメリット・デメリット

マンションを購入するメリット

マンションは駅の近くや施設が充実している場所など住むのに便利な立地に建てられていることが多く、利便性の高い建物が多いのが魅力です。
また、オートロックや防犯カメラといったセキュリティが充実している物件も多く、子供がいるご家族や女性も安心して暮らすことができます。
最近は戸建てのホームセキュリティも充実してきていますが、マンションの場合は防犯のための費用は入居者全員から集められる管理費で賄われるため、ひとりあたりの負担をみると戸建てよりもコスパが良いと言えるでしょう。
また、建物全体の管理は基本的に管理会社が行うため、建物のメンテナンスのことで悩むこともありません。

マンションを購入するデメリット

マンションのデメリットは、戸建てに比べると自由が少ないことが挙げられます。
マンション中で入居者個人が自由にリフォームしてよいのは、基本的に住居スペースの専有部分のみになります。
例えばベランダや玄関扉の外側は共有部分とされマンション全体の財産である、個人で自由にリフォームすることはできません。
また他の入居者との物理的な距離が近いため、全員が快適に暮らすための生活に関するルールはどうしても多くなります。
時間帯によっては生活音に配慮が必要だったり、逆に隣や上に住んでいる入居者が気になることもあるかもしれません。

 

戸建てを購入するメリット・デメリット

戸建てを購入するメリット

戸建てのメリットは家と土地を自由に使える点です。
リフォームや増築も好きな範囲で自由に行うことができますし、自分の家の庭であればガーデニングなどを縛る規約もありません。
隣人ともある程度の距離があるので、生活音にそこまで神経質になる必要がないのも大きなメリットです。
小さなお子様やペットがいるご家庭であれば、マンションよりも周囲を気にせずのびのびと過ごすことができるでしょう。
また、戸建ては築年数が経過しても土地部分の価値は残りますので、マンションを購入するよりも将来的な資産価値も期待できます。

戸建てを購入するデメリット

戸建ての管理は住んでいる自分自身で行わなければいけないため、自然災害や経年劣化で建物が傷んでしまった際の修繕も業者探しから依頼まですべて自分で行わなくてはいけません。
建物が経年によって劣化するのは避けられないので、長く住むならメンテナンスが必要になるタイミングは必ずくると考えておきましょう。
また、マンションに比べて部屋が温まりにくく冬場寒さを感じることが多いのと、日当たりに関しては背が高いマンションにはどうしても劣ってしまいます。

 

マンションは戸建てよりもお得?

戸建てとマンションの価格は比較的マンションの方がお手頃です。
しかしマンションには管理費大規模修繕のための積立金、場合によっては駐車場代も発生するため、買った後もランニングコストが発生します。
また、エリアや築年数などによっても物件の価格は変わってくるので、希望するエリアによっては戸建ての方がお得になることもあります。
戸建てはマンションに比べて建物の性能や規模によって価格に幅がありますので、一概に高いからと諦める必要はありません。
条件によってはマンションよりも割安な物件が見つかることもあります。
戸建てとマンションについてもっと情報を集めたいという方は、プロに相談してみるのもいいでしょう。

 

マンションか戸建てか、自分にあった方を見極める

マンションと戸建てにはそれぞれ違ったメリットがあるため、一概にどちらがいいとは言えません。
大切なのは自分のライフスタイルや未来を考えたときにぴったりな方を選べるかです。
マイホームは人生の中でも大きな買い物になります。後悔がないよう、事前にしっかり検討ましょう。