• LINEで質問する
  • 初めての方へ

物件の魅力をアップ!入居希望者に選んでもらえる空室対策

マンション・アパート経営において、空室対策は最も重要な課題と言えます。
空室をなくすには入居希望者に選ばれる物件になる必要がありますが、どうすれば自分のマンション・アパートが魅力的に映るのでしょうか?
今回は入居希望者への印象をアップする空室対策のアイデアをご紹介します。

空室対策

マンション・アパートの広告を見直す

物件を探している人は募集チラシインターネットの情報から良さそうな物件を見ています。これらの広告にどのような情報をどのように載せるかによっても、入居希望者が受け取る物件の第一印象が変わってきます。
空室対策をしているオーナーさんの中には、コストをかけてさまざまなことをしているのに実際の広告はどうなっているのかを確認していない方もいらしゃいます。一度チラシやネットなどの広告を見直し、手直しを実践してみるのがおすすめです。

募集チラシの見直し

入居者募集のためにチラシを使って宣伝することも多いと思います。入居希望者が良い印象を保つチラシの条件とは以下の通りです。

・パッと見がきれい
・情報量が多く整理されている
・画像がたくさんついている

情報量と画像か多いと実際に自分がそこで生活しているイメージがつきやすく、足を運んで見てみたいと感じやすいでしょう。情報が多いだけでなく整理して掲載しているとパッと見の印象もよく、読もうと思いやすくなります。
チラシの作成は多くの場合管理会社に頼ることになりますが、チラシを見たいと問い合わせれば送ってくれるはずです。一度確認してもし物足りないと感じたなら、打ち合わせをして魅力的なものに作り直してもらうのもいいでしょう。

インターネットの掲載情報の見直し

最近のお部屋探しはネットから始めるという人も多く、ネット上の掲載情報は物件への重要な窓口になっています。正しい情報を掲載するのはもちろん、見せ方を工夫して入居希望者からの反応を上げる必要があります。
サイトによって画像の掲載枚数や文字数に制限があるかと思いますが、どんなサイトでも共通してできる工夫は以下の通りです。

・画像は最大枚数載せる
・入居希望者の目線に立って興味がわくようなコメントを記載する
・エントランスや集合ポストなどの共有部分の様子が分かる画像を掲載する
・設備は抜けなく掲載する
・物件の短所となる部分を隠さない

チラシの場合と重なりますが、できるだけ画像や情報が多い方が生活の様子がイメージしやすいため問い合わせにつながります。これらの工夫は一見当たり前のようにも思えるかもしれませんが、実際のサイトをよく見てみると全てできているところは意外と少ないことがわかります。これらをきちんとやるだけでも競合物件と差別化が図れます。

 

内見準備の徹底で印象アップ

広告で入居希望者の興味を引いた後に大切になるのが内見です。ここで希望者が好印象を持てば入居の決め手になります。

部屋を綺麗に清掃しておく

これは基本中の基本ですが、内見前には必ず部屋を清掃して綺麗に保ちましょう。清掃はすぐにできることですが、しっかりやると内見にきた入居希望者に好印象を与えることができる効果的な対策です。
清潔感は与える印象に大きく影響します。部屋だけでなく、エントランスゴミ捨て場駐輪場といった共有部分もきちんと清掃することで、入居希望者は管理が行き届いている印象を受けます。自身で行えばコストはかかりませんが、物件数が多い場合は業者に依頼することも検討しましょう。

部屋の換気をしておく

部屋を閉めっぱなしにしていると排水口などからニオイが発生し、空気を悪くしていることがあります。些細なことですが、内見の際は部屋のニオイも気になる点なので換気をして空気を入れ替えておきましょう。
入居希望者が部屋に入った瞬間に感じる最初の印象は、 その後の判断を左右する大切な要素です。見た目だけでなく、空気からも清潔感が感じられるとより良い印象を与えられます。

玄関を明るい印象にする

これも部屋の第一印象に関わる部分ですが、リフォームや清掃によって玄関を明るくしましょう。玄関はその部屋の顔となる部分です。玄関が明るいと部屋全体に明るい印象を持てますが、逆に暗いと部屋全体に暗い印象を持たれかねません。どんなに使い勝手や間取りが良くても、第一印象で持ったイメージというのは簡単には覆らないので注意が必要です。
玄関を明るくするには清掃はもちろん、壁や床を白に近いものに変えたり照明を変えたりといった方法があります。

 

入居希望者の目線に立った工夫を!

入居希望者が引っ越したあとの生活をイメージしやすかったり、物件に対して好印象を持てると成約率が高まります。印象アップの工夫にはコストがかからない上に効果が高いものもあるので、できる空室対策から取り組んでいきましょう!