• LINEで質問する
  • 初めての方へ

賃貸マンションと賃貸アパートの違いは?メリットと選ぶポイントを解説

賃貸マンション

賃貸物件を探していると、同じような集合住宅でも「マンション」「アパート」と呼び方が違うことがありますよね。
「安ければアパートで高ければマンション」
「小さければアパートで大きければマンション」
などぼんやりとイメージを持っている方はいるかもしれませんが、
間取りや見た目からはなかなか分かりませんよね。

では、この2つに明確な違いはあるのでしょうか?

今回は賃貸マンションと賃貸アパートについて、違い特徴選ぶ際のポイントについてご紹介します。

 

賃貸マンションと賃貸アパートの違いは?

賃貸マンションと賃貸アパートですが、実はこの2つに明確な違いの定義はありません。
なんとなく世間的なイメージはあるかもしれませんが、必ずしも2つを分ける条件や基準というのは決められていないのが現状です。

ではどうして呼び方が2つあるのかというと、物件を取り扱う不動産会社ハウスメーカーがそれぞれ独自の判断基準を設けて区別しています。
つまり会社が「この建物はマンションです!」と言ったらその建物はマンションになります。

 

不動産会社でよく用いられる判断基準

不動産会社やハウスメーカーでよく使われている基準が建物の構造です。
鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造などの建物は一般的にマンションとされ、対して軽量鉄骨造や木造の建物はアパートとなります。

明確に決まりはありませんが多くの会社が物件をこのように区別しているので、お部屋探しの際は何となく構造のことを頭に入れておくとイメージがしやすいかもしれません。

 

賃貸マンションのメリットと注意点

設備が充実している

マンションの設備は比較的アパートよりも充実しています。
特に分譲の区分所有部分が賃貸として出されているものは他の賃貸物件と比べると設備のグレードが高くなっています。
よりハイグレードな設備の部屋を探しているのであれば
分譲マンションの賃貸貸しを狙ってみるのもいいでしょう。

 

防犯面にメリット

オートロック防犯カメラなどがついていることも多いため、特にセキュリティ面を気にしているのならマンションの方がおすすめです。

また、マンションは比較的世帯数が多く規模が大きいため、外から見たときにひとりひとりの気配が出づらいです。
もし誰かに住んでいる場所を知られてしまっても、部屋までは特定されづらいので安心です。

 

家賃や管理費が高め

マンションは比較的大規模で構造が鉄骨の建物であることが多いので、どうしても建築コストがかかったり数台のエレベーターが必要になったりします。
そのため
管理費や共益費が割高になることが多いので注意しましょう。

しかし管理費が高い損かというと決してそうではなく、エントランスや集合ポストの清掃や駐輪場の整理が行き届いていると快適に生活することが出来ます。
このような入居者の共有スペースの管理が行き届いているマンションは入居者の質も高い傾向にありますので、内覧時にチェックしてみて価格とわりに合うかを判断してみましょう。

 

アパートのメリットと注意点

家賃が比較的安い

同じ立地や広さなどの条件で物件を探したときは、家賃・管理費・共益費を含めても賃貸アパートの方が安く済むことが多いです。
条件を満たす部屋に出来るだけ安く住みたい場合はアパートを探した方が良いでしょう。

 

ご近所づきあいができる

マンションとアパートだとアパートの方が比較的小規模で世帯数の少ない物件が多いので、顔の見えるご近所づきあいが好きならアパートの方がおすすめです。
大家さんや管理人さんが住んでいるアパートであれば、何かあったときにすぐ相談することもできて安心です。

 

防音性の低さに注意

アパートに多い軽量鉄骨造や木造の建物は防音性が低いのがデメリットです。
上や隣に人が住んでいる場合、足音や洗濯機の音が聞こえてくることも少なくありません。

もちろんアパートが必ずそうというわけではなく、最上階の部屋や角部屋などを選ぶとあまり気にならないこともあります。
気になる場合は内覧時に耳をすませてチェックしてみましょう。

 

マンションとアパートはどちらがいい?選ぶ際のポイント

ここまででお話した賃貸マンションと賃貸アパートの違いですが、初めに言った通り明確な定義ないのであくまでもそのような傾向があるというだけです。
マンションの中にも家賃が安い物件はあり、アパートの中にも防犯性の高い設備のしっかりした物件はあるということは覚えておきましょう。

よってお部屋探しをする際はマンションかアパートかで完全に絞るのではなく、まず自分が部屋に求める条件を洗い出して大まかに好みがどちらかを把握しつつ、条件に該当する物件の詳細な情報を見て絞り込んでいくのがおすすめです。

また、最近はシェアハウスや入居者が共同で使えるスペースがある賃貸物件などさまざまな物件が出てきています。
マンション、アパートといった条件だけでなく、ライフスタイルによってお部屋の可能性を広げて見てみるのもいいでしょう。