• LINEで質問する
  • 初めての方へ

家族構成や人数から見る!マンションの理想な間取りの目安は?

中古マンション

とても気に入って購入したマンションでも、実際に住んでみたら「何か違う……」
ということになったら残念ですよね。

こうしたギャップを少なくするためにも、自分たち家族が住むにはどれくらいの広さのマンションが理想なのか、
一般的な目安を知っておいて損はありません。

今回は、家族構成や人数からみたおすすめの間取りについてご紹介します!

 

ひとり暮らし・単身者(1人)におすすめの間取り

ひとり暮らしや単身者におすすめの間取りは1R~1LDKになります。家にいる頻度や荷物の多さ、予算によってお部屋の広さを決めていきましょう。

収入に余裕のある方の中には、趣味の部屋や仕事部屋を持つために2DKほどの間取りを選ぶ方も増えています。

 

夫婦・カップル(2人)におすすめの間取り

 

おすすめは2DKや2LDK 

2人暮らしであればリビング、2人の寝室にプラスもう1部屋くらいを理想に、あとは収入に応じてお部屋を探してみるのがおすすめです。
2DKや2LDKの間取りであれば、それぞれの生活スタイルを崩さずにふたりで暮らすことができます。
また2DKば比較的家賃が安い傾向があるので、若くてお金にそこまで余裕がないカップルにもおすすめです。

一方で、一緒に食事をとるなどの習慣がないと生活にすれ違いが発生してしまうこともあるので注意しましょう。

ちなみに2DKと2LDKの違いがよく分からないという方も多いですが、簡単に言うとダイニングキッチン+2部屋なのが2DK、
リビングダイニングキッチン+2部屋なのが2LDKという違いです。
キッチンがあるスペースが
6帖以上10帖未満なのがダイニングキッチン、10帖以上の場合がリビングダイニングキッチンです。

 

1LDKの2人暮らしにもメリットが

付き合いが長く、ひとりの時間がなくても大丈夫なカップルには1LDKの間取りも人気があります。
1LDKは
リビングを広く使えるメリットがありますので、人を招いてホームパーティーをしたい場合にもおすすめです。

1LDKで注意したいのは、2人の生活リズムがズレていたりどちらかが家に仕事を持ち帰ることがあれば、相手に気を遣ってゆっくりできなくなる可能性があることです。また、荷物が多ければ後々収納スペースが足りなくなることもありますので注意しましょう。

 

夫婦と子ども(3~5人)におすすめの間取り

最低でも2LDK以上が理想

3人家族の場合はリビング、夫婦の寝室、子ども部屋の最低2LDKが理想です。
夫婦の部屋と子どもの部屋を分けて確保しておくと、いづれ子供が成長してプライベートな空間が必要になっても対応できます。

3人であれば2LDKが目安ですが、この先子どもが増える予定があったり人を招く機会が多いなど各家庭の事情によって理想の部屋数は違ってきます。
よって間取りを決める場合は今現在のことだけではなく、これからのライフプランも見据えて考えていかなくてはいけません。

 

1LDKは後々不便になる可能性が

子どもが幼いうちは寝室も一緒でいいので1LDKでも不便なく過ごせるかもしれません。しかし、成長するにつれて子どもが自分の時間を過ごしたり勉強するのに不便になったり、学校や部活のものが増えてくると収納スペースが足りなくなってきます。子どもが出来て3人以上の家族になる予定があるなら1LDKはおすすめできないので注意しましょう。

 

内覧時のチェックポイント

間取りの目安を頭に入れつつ、最後はやはりお部屋を直接見て実際に確かめることが大切です。
内覧時には下記のポイントに気を付けながら部屋の様子をチェックしてみましょう。

・天井の高さ
・空間の広さ
・日当たり
・風通しのよさ

間取り図だけでは分からない部屋の印象もお部屋選びの大切なポイントです。
部屋数や間取りは理想的でも、
日当たり風通しがなんとなく心地悪いと感じたら一旦検討しなおしてみましょう。

 

二世帯でマンションに住むときは?

二世帯同居は戸建住宅のイメージが強いかもしれませんが、実は最近二世帯がマンションに住む二世帯マンションというスタイルが注目されています。

二世帯マンションとは同じマンション内で親子二世帯が生活することです。
隣の同士で部屋を借りて住んだり、リフォームによって隣り合う別々の部屋同士を行き来できるようにするなどのタイプがあります。
戸建の二世帯住宅と比べるとプライバシーが保ちやすく、現在増えてきているスタイルでもあります。

また、あらかじめ二世帯暮らしに対応出来るように作られた専用マンションもでてきており、
親と近くに住むことを考えているならばマンションも選択肢のひとつとして検討してみるのもいいでしょう。

 

間取りは将来のことを考えて

どの間取りが理想的かは現状だけでなく、将来どのような暮らしをしたいかによっても変わってきます。
住まいは大きな買い物になりますので、先々のことまでよく考えて検討しましょう。