• LINEで質問する
  • 初めての方へ

【生活保護の方向け】賃貸物件探しの手続き、契約方法は?

生活保護を受けるともともと住んでいたお部屋から引っ越さなくてはいけなくなる場合がほとんどですが、
生活保護を受けている方が賃貸物件を探すとなると普通とは違う手順になりますので少し大変です。
慣れない手続きを不安に思う方も多いのではないでしょうか?

今回は生活保護を受けている方のお部屋探しについて、複雑に思われがちな手続きの流れを解説していきます!

<家賃の上限(名古屋)や初期費用はこちらから>

 

賃貸マンション

生活保護を受けている方のお部屋探しの流れ

生活保護を受けている場合のお部屋探しの大きな特徴は、ケースワーカーと呼ばれる相談員と何度も相談しながら進めていくことです。
ケースワーカーからの了承を得られた範囲でお部屋探しをすることで、住宅扶助や保護金を受け取ることができます。

お部屋探しの大まかな流れはこのようになります。

 

1 役所から住宅扶助の許可をもらう

窓口でケースワーカーに相談し、家賃の上限や条件などの確認をします。

 

2 不動産会社で賃貸物件を探す

不動産会社でお部屋探しをします。生活保護を受けていることを伝え、条件に合う物件を紹介してもらいましょう。物件が見つかったら不動産会社から初期費用の見積もりを出してもらいます。

 

3 ケースワーカーに報告をする

不動産会社に出してもらった見積もりと物件の情報ケースワーカーに報告し、了承をもらいます。

 

4 入居審査

了承をもらった上で入居を決めたら、大家さんや管理会社から審査を受けます。

 

5 賃貸契約日を決める

ケースワーカーから初期費用の準備ができる日を聞き、それに合わせて不動産会社と賃貸の契約をする日を決めます。

 

6 賃貸契約

初期費用を受け取りに行き、不動産会社と賃貸契約を済ませます。契約書と領収書を受け取り、ケースワーカーに提出しましょう。

 

このように、賃貸契約の際は何度もケースワーカーのもとに足を運ぶことになります。
もし承認が得られないまま契約を進めたり決められた範囲外の金額になってしまった場合は費用を支給してもらえないことがありますので、
必ず決められた流れに沿ってお部屋探しを進めましょう。

 

名古屋市で生活保護可の賃貸を探すなら当社にご相談ください!

生活保護を受けている方がお部屋探しの際に直面する問題として、物件をなかなか紹介してもらえないという点があります。
不動産会社が取り合ってくれなかったり、大家さんが受け入れを不安に感じてしまうことが要因です。
お部屋探しをする際は
生活保護を受けている方向けの実績が豊富な不動産に相談するといいでしょう。

当社は名古屋市で生活保護可の賃貸を探しているお客様を強力にサポートいたします!物件のご紹介だけでなく、
保証人がいないという方向けに
6社以上ある保証会社の中からお客様にぴったりの会社をご提案します。

 

賃貸物件についてのご相談はお電話で

生活保護可の賃貸物件についてのお問い合わせはお電話から承っております。

「生活保護を受けているとなかなかお部屋を紹介してもらえなかった」
「保証人がいないので契約ができずに困っている」
というお客様は、ぜひ一度当社にご相談ください。

 

名古屋市北区の生活保護の方向け賃貸特集を見る

名古屋市西区の生活保護の方向け賃貸特集を見る

名古屋市中川区の生活保護の方向け賃貸特集を見る