• LINEで質問する
  • 初めての方へ

中古マンションはどう探す?情報収集の方法とポイント

中古マンションの需要は高まってきており、選べる物件数も増えてきています。
理想の中古マンションに出会いたいなら、それらの物件についてより多くの情報を手に入れたほうが見つかる可能性は高くなるでしょう。
では、中古マンションについての情報はどこから入手するのでしょうか?今回は中古マンション探しの情報収集の仕方をご紹介します!

中古マンションの情報を手に入れるには?

中古マンションを探すとき、「まずは自分で情報収集をしてみよう!」と考える方も多いと思います。
中古マンションの情報収集の仕方はさまざまありますが、自分で集める場合は特に以下のようなところから情報を得ることができます。

・インターネット
・新聞の折り込み広告
・住宅情報誌

この3つにはそれぞれ違ったメリットがありますので、自分に合った方法を使いましょう。

 

インターネット

現代の情報収集はインターネットが主流になり、不動産に関してもさまざまなポータルサイトができました。
インターネットの強みは圧倒的な情報量で、
膨大な量の物件情報を自分の希望する条件で絞り込んで探すことができます。
更新の頻度も高いので、そのときの新しい情報もすぐに手に入れることができます。
最近はパソコンからだけではなくスマートフォンのアプリから物件を探せるサービスもありますので、仕事の休憩中や家事の合間に検索できる手軽さも魅力です。

 

新聞の折り込み広告・チラシ

新聞に挟んである折り込み広告やポストに入っているチラシ、
また不動産屋さんの入り口や窓ガラスに貼ってあるチラシは
さまざまな物件の情報を一度に見れるのがメリットです。
価格、間取り、立地などが一覧になっているので、
条件に対しての相場が何となくわかります。

 

住宅情報誌

住宅情報誌のメリットは、物件が分かりやすくまとまっているので読み進めるだけで情報が得られるという点です。
ポータルサイトの場合は細かい条件を設定して絞り込みことで物件を狙い撃ちして探すことができますが、
対して住宅情報誌は
まだ細かい希望条件が決まっていない段階に読んでも視野を広げることができます。

 

効率よく探すには希望条件を明確にしておくと良し!

特にインターネットから中古マンションを探そうとしたとき、
ただやみくもに探し始めてしまうとすぐに物件数が多すぎることに気が付くと思います。

膨大な中古マンションの中から最終的に理想の物件に出会うには、
中古マンションに求める条件を明確にすることが大切です。
物件を絞り込みやすくするために決めておきたい条件には、例えば下記のようなものがあります。

・エリア
・最寄り駅からの移動時間
・間取り
・価格

これらを決めた上で検索し、それでも物件数が多いという場合はさらに細かい条件を追加していきましょう。

・日当たり(南向きなど)
・階数(2階以上、最上階など)
・設備(ペット可など)
・サービス(24時間ゴミ出し可など)

これらの条件がしっかり決まっていれば物件が絞りやすくなるだけでなく、
ブレない物件探しができるので余計な情報に惑わされることも少なく、納得のいく中古マンションが手に入る可能性も高まります。

 

気になる中古マンションがあったら不動産会社へ問い合わせを

自分で探してみて気になる中古マンションがあったり、逆になかなか希望に沿う物件が見つからない場合は不動産会社に直接問い合わせてみましょう。
特に地域密着を売りにしている不動産会社は地域の中古マンション情報に強いことが多いので、利用してみるのもいいでしょう。問い合わせはお早めに。

 

情報収集は複数の情報源から

現代は個人でもある程度の情報を手に入れられる環境がそろっています。
さまざまな方法で中古マンションを見ることができますのでひとつの情報源に固執することなく、
例えば住宅情報誌を読んで中古マンションのイメージや条件を探してからポータルサイトで絞り込むというように、
情報収集の進み具合によって複数の情報源を併用してみるとより物件選びがしやすくなるでしょう。

しかし、住まいは人生の中で一番大きな買い物と言ってもいいものです。
不安は徹底的に潰すために、もし自分で探している中で気になることや疑問点などがあればすぐにプロに相談するようにしましょう。