• LINEで質問する
  • 初めての方へ

投資マンションの空室リスクはどう立ち向かうか

こんにちは、ジーワンシステムです。 
投資マンションで代表的なリスク要因といえば「空室リスク」ではないでしょうか。
空室リスクの少ないマンションを選んだはずなのに、なかなか新しい入居者が決まらない、など悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

投資マンションが想定していた家賃収入を期待できないとなると資産形成に大きな影響がでてしまいます。

しかし、一定期間で入居者が入れ替わるマンションは、空室がつきものです。
空室リスクにどう立ち向かうか、原因を知ってやるべきことを考えてみましょう。

 

空室リスクの主な原因とは

人口の減少

日本の人口は減少傾向にあります。
人口が減ると住居を必要とする人も少なくなります。

ですが、首都圏や人気のエリアでは人口が増加しているのです。
人気のエリアは増加傾向にある一方、人口の減るエリアもあることを把握しておきましょう。
エリアの人口に注目しておくことが大事です。

マンション・アパートが増えすぎている

物件の数が増えれば需要が減り、空室リスクはあがってしまいます。
調査し空室の原因を抑えられるか、再開発の計画があり、将来性があるかなど調査し物件を選びましょう。
空室率の低いエリアだからというだけで、投資マンションを購入することは注意が必要です。

空室対策していない

空室を放置して対策をしていなことが、空室が長引いている最大の原因といえるでしょう。
物件を魅力的に宣伝したり、適正な家賃なのか、など対策をする必要があります。
いつでも相談できる、実績や営業力のあるパートナーを見つけることが大切です。

 

効果的な空室対策のポイント

検索サイトの価格帯をうまく利用する

空室が長引いているからといって、家賃を大幅に値下げすることは避けましょう。
不動産の検索サイトでは、自分で家賃の価格を指定して検索できます。
価格帯をひとつさげるだけで物件を探している方は割安で満足感を得られるでしょう。
5000円きざみで指定できるサイトもありますので、少し値引きするだけでターゲットが増えるのです。
同じような物件ならば1000円でも安い物件を選択してしまうのです。

内見で住みたいと思われるようにする

入居者を募集し、資料の内容に興味をもった方がせっかく内見におとずれても、「住みたい」と思われなければ入居につながりません。
しばらく人が住んでいないと、ほこりや汚れがたまっているため定期的に掃除したり、共用部の印象も大切です。
内見でおとずれた方に、魅力的な物件で、明るい印象をあたえられるよう、信頼できる管理会社にまかせられると安心です。

入居者の退去を予防する

退去予防こそ空室リスクを最も減らせる対策かもしれません。
入居者に「住心地がいい」と気にってもらえる環境をつくる必要があります。
設備関係の問題、入居者同士のトラブル、など問題が発生した場合に迅速に対応できるかが重要になってくるのです。
本業をもつオーナーが間に入って解決するのは大変なことです。

 

大切なのは信頼できる管理会社!プロが解決

空室対策をするには、空室がなぜ発生するのか、なぜ入居者がきまらないのか、などさまざまな理由を理解する必要があります。
マンション経営に不安を感じ悩んでいる方は私たちプロにおまかせください。
今までの実績やノウハウで、適切な物件をご提案し、安定した資産形成が期待できます。
ぜひ一度ご相談ください。