• LINEで質問する
  • 初めての方へ

中古マンションは「管理状況」から見極める!チェックすべきポイントとは?

 

中古マンションの購入を検討されている方であれば、物件数が豊富にあることに驚いた方もいるのではないでしょうか。
膨大な物件の中から理想の住まいを見つけるには
ポイントを押さえて物件を絞っていくことが大切です。

中古マンションを選ぶ上でよく重要視されるポイントにマンションの管理状況があります。
マンションの管理状況とは一体どういうことなのでしょうか。また、どの部分で判断したらよいのでしょうか。

今回はマンションの管理状況から中古マンションを見極めるためのポイントをご紹介します。

 

中古マンションの管理状況が重要なのはなぜ?

 

中古マンションの状態は管理によって大きな差が

中古マンションの場合、管理状況次第ではどんなに条件が良いマンションでも住み心地が悪くなってしまうと言われています。

修繕がうまく行われていないせいで建物の劣化が早く外観が古めかしく見えたり、住民のマナーが悪くゴミ捨て場や駐輪場などが散らかっているのが気になってしまうようです。

このように、同じ築年数の中古マンションでも管理状況の良し悪しによって住み心地に大きく差が出ることがあります。

 

中古マンションの管理状況は自分の目で確認可能!

中古マンションのメリットのひとつに「入居前に住む部屋や周りの状況を直接確認できる」というものがあります。
新築マンションの場合はこれからの管理が未知の状態からのスタートになりますが、
中古マンションであればこれまでの管理状況を自分の目で確かめてある程度暮らしを想定してから購入が可能です。

また、不動産会社には中古マンションの契約を行う前に買主へ重要事項(マンションの規約や使用権、修繕履歴など)を説明することが義務づけられていますが、実際の生活に関わるような管理状況などは特に説明の義務のない内容です。
よって不動産会社の話はあまりあてにならないこともあり、自ら確かめることはとても大切になります。

 

管理状況をチェック!確認箇所とポイントは?

マンションの管理状況を確認するには、以下を見ておくとよいでしょう。

・エントランス

・駐輪場

・ゴミ置き場

・外壁

・管理費と修繕積立金

では、ここからはより具体的なチェックポイントをご紹介します。

 

ポイント1:エントランス

エントランスの手入れが行き届いているかには、管理の意識がダイレクトに表れます。電球が切れていたり、ゴミが落ちていたり、集合ポストの下にチラシが散乱している場合は注意が必要です。

また、掲示板がある場合は古いお知らせが掲示されたままになっていないかも見てみましょう。半年以上の貼り紙がそのままになっていたり、破れて放置されている場合は管理が行き届いていないのかもしれません。

 

ポイント2:駐輪場

駐輪場はマンションに住む方々のマナーが表れやすい場所です。自転車やバイクが所定の位置にちゃんと置かれているかを確認しておきましょう。駐輪が乱雑で整頓されていなかったり、長期間乗られていなさそうな自転車が放置されている場合は要注意です。

 

ポイント3:ゴミ置き場

ゴミ置き場は特に汚れやすい部分になりますので、きちんと清潔に保たれているかを確認しておきましょう。また、ゴミ置き場も住民のマナーが表れやすい場所で、可能であればゴミが所定の位置に分別されているかや収集日が守られているかも見ておくとよいでしょう。

 

ポイント4:外壁

外壁の塗装の剥がれや大きな亀裂が放置されていないか、タイルの目地から白っぽい粉が出てきていないかなどを確認しましょう。

修繕などの管理を怠ると外壁に表れます。経年劣化で古くなったことにより壁にひび割れなどが出てくるのは仕方のないことですが、大切なのはそのあときちんと修繕されているかです。劣化が放置されている場合、修繕がうまく行われていない可能性があります。

 

ポイント5:管理費と修繕積立金

管理費とはマンションの日常的な管理に使われるお金、修繕積立金とはマンションの共有部分を修繕するために徴収されて積み立てられるお金です。管理費と修繕積立金が安すぎると、マンションの管理や修繕が十分に行き届かなくなってしまいます。金額が水準から適正かを見ておきましょう。

また、最近は修繕積立金が不足しているマンションが多くなっています。資金不足では必要な修繕ができませんので、滞納額や値上げの予定がないかを確認してみましょう。

 

中古マンション購入は管理状況を確認してから」

中古マンションは管理状況を無視して購入してしまうと実生活で不満が出やすくなってしまいます。マンション選びでは立地や価格などが重視されがちですが、満足できる中古マンションを見つけたとしてもまずは一度足を運んで管理状況や住民の様子を見てみましょう。直接確認した上で購入後の暮らしに良いイメージを持つことができれば、マンション選びも成功に近づくでしょう。