ご購入の流れ

戸建て住宅、分譲マンションの購入の流れ

戸建て住宅、分譲マンションの購入の流れ

物件を購入するまでの流れを簡単に まとめました。
以下は新築マンションを購入する際の基本パターンです。物件によっては、時期がずれるものもありますので注意してください。

1.情報収集

1.情報収集

物件の基本的な情報を集めます。
サイトでエリア別や間取りの一般的な相場を確認し、希望の物件に近いものをチェックしていきましょう。
住宅ローンの情報収集もお忘れなく。

次へ

2.問合せ・物件見学

2.問合せ・物件見学

もし詳細を知りたい物件が見つかったら、早速G1systemまでお問合せを。

新築マンションでモデルルームがあれば、ぜひ行ってみてください。
中古マンションや戸建ての場合も、物件見学をおすすめします。
いくつかの物件を実際に見学すれば、購入のイメージが固まっていくはずです。

次へ

3.物件の絞り込み

3.物件の絞り込み

弊社の推薦物件や情報を得た物件のいくつかの中から、購入候補を絞り込みます。
優先順位を整理し、本当に納得できる物件を選んでください。

次へ

4.申込み

4.申込み

買いたい物件が見つかれば、いよいよ申込み。新築マンションなどは申込証拠金として、
2万円~10万円程度のお金が必要になるケースがほとんどです。

次へ

5.住宅ローン事前審査

5.住宅ローン事前審査

購入の申込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けます。
住宅ローンを組めるか、いくら借りられるのかなど、金融機関によって事前審査が行われます。
審査を通らなければ、残念ながら一括支払い以外、契約に進めません。

次へ

6.重要事項説明と契約書の確認

6.重要事項説明と契約書の確認

売買する物件や契約内容については、契約前に確認しておく必要があります。
「重要事項説明書」「契約書」のコピーを読み込んでから、重要事項説明や契約の日に臨みましょう。

次へ

7.契約

7.契約

重要事項説明書や契約書の内容を理解して、不明点・疑問点はしっかり質問。理解・納得したうえで、契約となります。契約後にこちらの都合で解約すると、支払った手付金は放棄することになります。さらに契約から一定の期間が経った後は、違約金が発生します。

次へ

8.住宅ローンの契約

8.住宅ローンの契約

売買契約が成立したら、住宅ローンの申込みを行います。
その後、金融機関による本審査を経て、金融機関と正式なローン契約を結びます。

次へ

9.内覧チェック

9.内覧チェック

完成前に契約を行う新築物件の場合、物件の引き渡し前に、完成した状態をチェックする「事前内覧会」が行われます。ここでは、契約と異なる仕上がりになっていないか確実に確認します。問題があれば、引渡しの日までの解決を依頼。

なお中古物件や建物の完成後に契約を行う新築の場合は、物件見学時にチェックしておきましょう。

次へ

10.残金決済

10.残金決済

購入価格から手付金を引いた金額すべてを支払いいます。
ローンの借入金は金融機関から直接、不動産会社に振り込んでもらえる。

支払いが確認されたら、いよいよ物件の引渡しへ…。

次へ

11.引渡し・入居

11.引渡し・入居

住宅ローンの決済が終われば、念願のマイホームの引渡し・入居となります。引渡しでは、鍵を受け取るだけでなく、司法書士によって所有権移転登記が行われます。引渡し時にもう一度確認して、問題がなければ終了です。

翌年には確定申告で住宅ローンの控除申請が必要です。