マンションの管理会社とは?知っておくべき基礎知識

マンションで快適に生活するにあたって欠かせないのが管理です。この管理をプロとして請け負っているマンションの管理会社は、日頃どのような業務行っているのでしょうか?
今回はマンション管理会社の業務内容についてご紹介します。

マンションの管理会社とは?

マンション管理会社の役割

マンション管理会社は、管理組合の代わりにマンションの管理業務を行う会社です。
区分所有法により、各マンションには必ず管理組合を設置しなければなりません。通常の管理組合はマンションを購入した人で組織され清掃や会計といった管理業務を行いますが、マンションを購入した人の中には他の仕事を持っている人も少なくありません。管理業務には時間も手間もかかる上に、マンションの規模が大きければそれ相応の知識やノウハウも必要になってきます。
こうした管理業務を管理組合が行うのが難しい場合、代わりに業務を行うのがマンション管理会社の役割です。

管理業務の委託方式

マンション管理を管理会社に委託する場合、委託方式には「全部委託」と「一部委託」の2種類があります。

全部委託……具体的な管理業務を全て管理会社に任せる方式。管理組合の役割は業務が滞りなく行われているかの確認や意思決定となり、管理組合の負担は少なくなる。一方で費用負担は大きく、区分所有者の管理に対する意識が低下する可能性もある。
一部委託……管理業務の一部を管理会社に任せる方式。残った業務は管理組合が行うか、別の管理会社に委託する。仲介手数料分の費用が抑えられる。一方で区分所有者個人に対する管理の負担は大きくなる。

簡単に言うと全部委託は管理に関する全ての業務を、一部委託は管理に関する一部の業務を管理会社が代わりに行うというものです。どちらにもメリット・デメリットがあるため、方針にあったものを選ぶことが大切です。

 

マンション管理会社の業務内容は?

マンション管理会社の仕事はマンションの入居者が快適に暮らせる環境を作ることです。管理会社は委託されたマンションの管理組合や入居者、マンション管理人と協力して、マンションの環境改善やトラブル解決などの業務を行います。
マンション管理会社が行う主な業務は以下の4つです。

・事務管理業務
・管理員業務
・清掃業務
・建物・設備管理業務

では、これらの業務内容について詳しく見ていきましょう!

事務管理業務

事務管理業務には、大きく分けて基幹事務とそれ以外があります。
基幹事務とは主に会計報告のことです。管理会社への業務委託費の支払い、各入居者からの管理費や修繕積立金の回収、滞納や未払いがないかのチェックなどを行い、これらを会計報告としてまとめて提出します。
それ以外の業務とされるのは、理事会や総会の開催などです。理事会や総会ではマンションの現状を見直したり問題点を解決することで、より快適な住環境を目指します。

管理員業務

管理員業務とは、マンションを日常的に管理する業務です。訪問者の受付、設備点検やゴミ収集で業者が訪れたときの立ち合い、備品の管理、マンションの巡回などを行います。また、新しく駐車場を借りたり解約するといった際、理事長と管理会社との間を仲介して手続きを進めます。

清掃業務

清掃業務は日常清掃と定期清掃に分けられます。
日常清掃とは、エントランスやマンション共用部分の廊下、階段といった部分の日常的な清掃です。共用部分を日頃から清潔に保つと入居者が快適に過ごせるだけでなく、これから入居を考えている希望者への印象アップにも繋がります。
定期清掃は専用の機械を使用してなかなか落ちない汚れなどを徹底的に清掃します。廊下をポリッシャーで清掃するのはこれにあたります。

建物・設備管理業務

建物・設備管理業務はマンションの設備を確認してメンテナンスを行ったり、必要であれば
取り替えを行う業務です。エレベーターや給水設備は法律によって点検期間と回数が決められているため、それに沿ってメンテナンスを行います。

 

入居者のトラブル対応は管理会社の仕事?

マンションのような集合住宅にはたくさんの人が住んでいることから、規約違反や入居者同士の軋轢によるトラブルが起こることは珍しくありません。マンションでトラブルが起きた場合、管理会社はどのような対応をしてくれるのでしょうか?

マンションのルール違反について

例えば共有部分である廊下や階段が荷物で塞がれていたり、駐車場が無断使用されているなどといったマンションのルールが無視されているトラブルの場合、目に余るようであれば管理組合はトラブルの内容を管理会社に相談して解決に協力してもらうことができます。管理会社の役割は入居者が快適に暮らせる環境づくりであるため、このようなトラブル対応も業務のうちであると解釈できます。
このようなトラブルに対しては管理会社からルールの徹底を求める通達を行ったり、貼り紙をするなどして管理規約の存在を知らせることができます。

入居者同士のトラブルについて

入居者同士のトラブルの場合、基本的に管理会社は関与しません。例えば騒音トラブルの場合、苦痛を感じている入居者が複数いたり、明らかに度を超えた騒音であるならば管理会社も対応はしやすいかもしれませんが、そうでないなら難しいことがあります。
入居者同士のトラブルに関しては、まず管理組合として問題になっている入居者に申し入れ等をすることで改善を試みて、それでも変化が見られない場合は管理会社に相談してみましょう。

 

管理会社をしっかり選んで快適なマンションライフを

管理組合の代わりにマンションの管理業務を行うのが、管理会社の仕事です。入居者がマンションで快適に暮らすためには、適切な管理が必要不可欠になります。管理会社は念入りに調べ、しっかり選ぶようにしましょう!